プラセンタ

糖尿病には高麗人参

糖尿病には、1型糖尿病、2型糖尿病と他にも妊娠糖尿病などがあります。
発症すれば完治はしませんが、生活習慣を改善したり薬やインスリン注射を使い続けることで血糖値を正常値に保つことができます。

血糖値が上がり高血糖の状態になると、血液中にある大量のブドウ糖が膵臓に入ります。
すると膵臓で作られるインスリンの量が減ったり、インスリンが効きにくくなる状態を引き起こします。
インスリンは血糖値を下げるホルモンのため、さらに血糖値が上がるという悪循環に陥ります。
これを糖毒性といい、高血糖をそのままにしておくと糖尿病が悪化してしまいます。

高麗人参に含まれるサポニンいう成分に、ホルモン分泌を促す効果があります。
これにより、膵臓がインスリンを作る働きを助けて、血糖値の上昇を防ぐことができます。
また、「サポニン」自体がインスリンと似た働きをすることも分かっています。
それに加えて脂肪の吸収を抑えたり、コレステロール値を下げたりする効果も認められています。
そのため糖尿病の方に多いとされる肥満特有の症状を改善する働きもあるといえます。

糖尿病で恐ろしいのは高血糖の状態が続くことによっておこる合併症です。
主な合併症は3つあります。
・糖尿病神経障害・・・手足のしびれから始まります。
           進行すると知覚の低下によって、怪我や火傷に気づきにくくなり感染や壊疽が起こることがあります。
・糖尿病網膜症・・・・眼球の網膜にある毛細血管に異常をきたします。
           進行すると網膜剥離を起こします。
・糖尿病腎症・・・・・腎臓にある毛細血管に異常をきたします。
           進行すると腎臓の働きが低下し、血液透析による治療が必要になることもあります。

合併症を防ぎ血糖値を安定させるためにも6年根の「紅参」はより高い効果が期待できます。
ただし最初に記した通り、糖尿病の治療に関しては生活習慣を改善しながら薬を使い、治療を続けることがとても重要です。
それに加えて高麗人参の「サポニン」の効果をぜひお試しください。