プラセンタ

2日酔いには高麗人参

飲み会は大人の大切なコミュニケーションの場の1つとなっています。
職場関係やプライベートでもお酒を飲む機会はたくさんあると思います。
お酒を飲みながら楽しいひと時を過ごしていたら、ついつい飲み過ぎてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そして次の日にアルコールが残ってしまって頭が痛くてつらい・・・そんな経験はありませんか?

アルコール飲料の飲み過ぎにより、翌日まで頭痛や吐き気などの不快な症状が続くことを2日酔いといいます。
アルコールは通常、肝臓で分解されてアセトアルデヒドに変化し、その後アセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸という無害な物質に変わります。
最終的には水と二酸化炭素になり、汗や尿になって体から排出されていきます。
しかし、アセトアルデヒド脱水素酵素の量が少なかったり、働きが弱かったりする場合は、アセトアルデヒドが分解されず血液中に残ったままになります。
アセトアルデヒドは毒性が強く、血液中に残っていると2日酔い特有の頭痛や吐き気などの症状が現れます。

高麗人参のサポニンには、代謝を促進させる効果があります。
そのため、高麗人参を摂取することで肝臓の代謝が良くなります。
するとアセトアルデヒド脱水素酵素がたくさん作られ、アセトアルデヒドの分解が進み、2日酔いの予防になります。
通常でしたらアルコールを飲むことで肝臓に大きな負担がかかりますが、事前に高麗人参を摂取しておけば肝臓そのものの負担も軽減することができます。

お酒を楽しく飲み、次の日の生活に響かないようにするためにも、飲酒前に高麗人参を摂取してみませんか?
特に飲みに行く機会の多い方の場合、できれば飲酒前だけでなく毎日続けるほうがよりよい予防法となります。
高麗人参のお茶やエキスは独特の風味があるため、続けるのが難しいと感じる方はサプリメントで摂取することをお勧めします。
もちろん、サポニンがより多く含まれている「6年根の紅参」で作られているものを選んで摂取するのがベストです。