プラセンタ

高麗人参酒を飲み続ける

アルコールがお好きな方は、ぜひ高麗人参酒をお試し下さい。
高麗人参酒はスーパーマーケットやインターネット通販で購入できますが自宅で手作りすることもできます。
作り方はとても簡単です。

生の高麗人参を使う場合、まずは毛の細かいブラシを使ってしっかりと土を落としながら洗います。
それから広口の瓶に高麗人参200グラムとホワイトリカー1.8リットルを入れて冷暗所に置きます。
この場合、わずか1~2か月ほどで完成します。
乾燥したものを使用する場合には、半分の100グラムにします。(ホワイトリカーは同量です。)
こちらは半年ほどかかります。
干しナツメも10個程度入れて漬け込むと、甘みが出てさらに飲みやすくなります。
完成品はきれいな琥珀色をしており、たくさんのエキスが出ているのが分かります。
思わず見とれてしまうほどです。
高麗人参そのものは、インターネット通販で手に入れることが可能です。

飲み方に決まりはないので、ストレートでもロックでも、水割りやお湯割り、炭酸割りなどお好みでお召し上がりいただけます。
高麗人参独特の風味があるため、飲みにくさを感じる方は冷水などで薄め、さらにはちみつを加えると飲みやすくなります。
レモンやショウガを加えるのもおすすめです。
煎じて飲むより飲みやすいため、簡単に毎日続けることができます。
アルコールが苦手という方は、少量を紅茶に入れて飲むと飲みやすくなります。

アルコールには、高麗人参と同様に血流を良くする働きがあります。
そして適量を摂取することで、気分がよくなりリラックスすることができます。
高麗人参酒には、高麗人参とアルコールの効能の相乗効果が期待できるのです。
飲むと体がポカポカと温かくなるため、夜寝る前に飲めば気持ちよく眠ることができますし、冷え性や虚弱体質の方の体質改善に役立ちます。
また免疫力も高めるため、風邪やインフルエンザをはじめ、生活習慣病などの予防にも役立ちます。
なお、漢方酒なので1回の飲酒で多量に摂取するのではなく、1日に10cc程度の量を毎日続けると良いです。